オンシジューム「トゥインクル」とお母さんの笑顔

ブログ

2019.10.21

私は熊本県宇城市三角町戸馳 という島を訪れていた。

この島には 「五蘭塾」という洋ラン生産者のグループがあり、この豊かな自然の中で育まれる蘭に興味を持った私は、どんな生産者の方がいらっしゃるだろうと アポイントも取らず突然訪問してしまった。

先ず伺ったのは、『宮川洋蘭』さん

お忙しい中 突然の訪問にも親切にご対応してくださったのは インターネット販売(楽天市場)の店長さんの森水木さん http://www.livingorchid.com/

たくさんの珍しい蘭たち。

花芽を付けるのに2、3年もかかるという品種があったり、甘い香りのする

「トゥインクル・ピーチファンタジー」などのオンシジュームは 夏の暑さを避けるため山の上の避暑地へ移され秋にまたこのハウスに戻されるのだそう。

そんな風に手間をかけ育てられている蘭たちは 何だかどの花も自信満々に見えた。

それは 愛されていることを自覚している輝きだったのだろう。

お邪魔した時間が丁度 皆さんがお昼休憩に入る時間だったので、お話を伺った私はパタパタと退散して次の場所へ。

島をぐるりと回るように車を走らせると 「花のがっこう」と気になる看板が。

こちらは 五蘭塾の中の数件の生産者さんが共同で運営していらっしゃる施設のようで、土日限定でオープンされるカフェも気になりつつ。奥のハウスを覗かせてもらうと化粧鉢に植え込まれる前の胡蝶蘭の苗がずらっと整列していました。

ゆっくり散策していたら、「あ! さっきの宮川さんの所の蘭を分けてもらうのを忘れてた(;’∀’)」と。

丁度 昼休憩後のお仕事場へ。

気になっていたトゥインクルの鉢を幾つか分けて欲しいと伝えると、どうぞお好きなものを選ばれてください!と。

あれこれ迷っていると、明るい笑顔のお姉さまが「これなんか いいかも♡」とセレクトしてくださり、化粧鉢に手際よく植え込んでくださいました。

記念に写真を1枚!とお願いしお名前を伺うと「宮川です!」と眩しい笑顔で仰って。

そう この方は先代社長の奥さまでした! なんと!

気さくに温かく色んなお話を聞かせてくださり、何だか「さすが!社長夫人」という引力を感じたのです。

ハウスの外には 青空に映える柿の木が実りの時を迎えていました。

今回の旅では いくつもの幸運な景色に出会う事ができとても満たされた時間でした。

分けて頂いたトゥインクルたちを少しアレンジやブーケに使わせて頂きました。

さり気ないようで、実は存在感を残すこの花の魅力をどうすればお伝え出来るだろうか?

気温が上がる日中は この花の奥ゆかしい甘い香りがふわりと香り ブーケを束ねる私も幸せな気分だった。

こんな風に花や自然から受け取るメッセージをもっとたくさんの方に知っていただきたい。

日常の中にも 小さな感動はいくつも散りばめられています。

なるべく見落とさないように いつも柔らかな気持ちで過ごしていきたい そう思えた旅でした。

また お母さんの笑顔に会いに行きます。 その日まで どうぞお元気で

花と暮らしnadenaでは 「宮川洋蘭」さんの『トゥインクル』シリーズのご注文を承ります。

優しい色合いの小さなオンシジューム。 小さな花に近づくとふんわり甘い香りが漂います。

お歳暮やいつものお礼の気持ちを この花に込めてギフトにしても喜ばれるでしょう。

価格 1,650円(税込)~+送料  詳しくは お問合せ下さい。

コメント